薬局で働く資格を取ろう〜調剤薬局事務の資格

調剤薬局事務で必要とされるレセプト作成スキルが4ヶ月で身につく!

修了者に発行される『修了認定書』が採用時に有効!!

薬局で働く調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務は、薬局(主に調剤薬局)で医療保険制度などに基づいて国や保険機関に調剤の報酬請求業務を行う専門家です。
薬代などを計算して請求書(レセプト)を作る仕事を中心に、調剤薬局での受付や・会計、薬剤師のサポートなども行う仕事をしています。

薬局で働く調剤薬局事務の仕事は、専門的な仕事でありながらが、学歴や医療機関での実務経験などがなくても就ける仕事なので、主婦や育児子育て中の女性の再就職ブランク後の社会復帰の第一歩に目指すには最適の職種だと思います。

調剤薬局事務のメリット

調剤薬局事務の勉強をすることで、薬局で働くための薬の基礎知識や保険の仕組みなども身につくので、自分自身や家族の健康管理など身近なところでも活かせて一石二鳥。
薬に関する知識や法律など知っているだけでも実生活で得することも多いです。

調剤薬局事務の資格は医療事務よりも短期間で身につけることができるので、なかなか普段まとまった時間のとりにくい人も短期間で集中して学習すれば2〜3ヶ月程度で取得可能な資格です。
調剤薬局専門といっても、身につけた知識は病院への就職にも役立てることができます。 景気に左右されにくい医療の世界への第一歩に実務経験を積むのにも適していますね。

医薬分業で調剤薬局事務に高まるニーズ

最近、病院へ行っても、病院では診察だけ、お薬は薬局でもらってください、といわれることが多くなりましたよね。
このように処方箋を出すのは病院で、薬は調剤薬局で、という診察とお薬を別々にするシステムのことを医薬分業といいます。

病院と薬局と二ヶ所へ行かないといけないので、患者側にとっては面倒なこともあるのですが、この医薬分業は国(厚生労働省)の政策のため、今後も急速に広がっていきます
つまりそれだけ職場や求人が今後増えていくということで、薬局で働くための調剤薬局事務は今勉強しておくのにまさに注目の資格といえますね。

ニュースでご存知の方も多いと思いますが、コンビニやディスカウントストアの中にも調剤薬局が出来始めています。
他にも子育て応援マンションというようなファミリー向けのマンションの中に調剤薬局ができる計画も今たくさん進んでいるようです。

働き方が選べて全国で働ける調剤薬局事務の仕事

調剤薬局は病院勤務に比べて、勤務時間が規則的なことが多く、育児や介護をしていても働きやすい職場になっています。
病院が土日休診のところが多いので、そういった医療機関と連動して休日もきちんと確保できますし、週二回・短時間で、など、勤務形態もライフスタイルに合わせた働き方を選べる点でも、家事や育児との両立がしやすく、主婦にとってはうれしい働く環境が揃っています。

調剤薬局事務の職場となる調剤薬局は全国にありますし、一度調剤薬局事務の技能を持てば全国共通で使えます^^。
旦那さんの転勤で急な引越しが〜〜ということになっても、また引越し先で再就職先を見つけやすいから安心!

薬局で働くための調剤薬局事務の資格は結婚出産後も安心して働ける、主婦にとって取っておいて損のない生涯役立つ心強い資格といえるでしょう!

調剤薬局事務資格は通信教育での取得がおススメ

すぐにでも薬局で働きたい人のためおすすめの通信講座が、最も短期で取得できるがくぶんの「調剤薬局事務講座」標準受講期間は3ヶ月

全く知識や経験のない方でも調剤薬局で仕事ができるように基礎から学べます
また接客業がはじめての方でも安心して就職できるように接遇のマナーも勉強できるカリキュラムになっています。


次に短いのはユーキャンの「調剤薬局事務講座」 (標準受講期間は4ヶ月

会社勤めをされている方や退社後1年以内の方で教育訓練給付制度を使える方はユーキャンがおすすめ。
ユーキャンの調剤薬局事務講座は教育訓練給付制度の対象に指定されていますので、修了後、受講費用の20%が戻ってきます。


資料請求はどちらも無料でできますので、いくつかの講座の資料を取り寄せて早速検討開始しましょう!
今すぐ勉強をスタートすれば早ければ4ヵ月後には近くの薬局で働くという新しい生活スタイルを始められますね!!

資料請求はネットで申し込みが便利で断然早く届きます。資料を読むだけでも仕事のイメージがつかめるので、以下の2社の資料は必ずチェックしておきましょう。

薬局で働く資格を取ろう〜調剤薬局事務の資格メニュー