医療事務どうすればなれるか

医療事務になるためには必ずしも医療資格の資格が必要だというわけではありません。
意外に感じる人も多いかもしれませんが、実際に医療事務関連の資格を取得していなくても医療事務として医療業界の現場で働いている人は大勢います。

医療事務医療事務になるためには、病院や診療所・クリニック、薬局などに就職し、経験を積みながら医療事務としての知識や仕事内容を覚えていくことになります。
まずは医療機関で事務員として採用されて経験を積む中で、必要性を感じてから医療事務の資格を取得するという人も多いです。

しかし、最近では医療事務員になりたい人が増えているので、病院や診療所などでも資格がない人に一から医療事務の仕事を教えていくよりも即戦力を求める傾向にあります。
医療事務の資格を持っている人または経験者ということで職員の募集をしており、全く未経験の人が医療事務の仕事に就くためには医療事務の資格を取得してから就職した方が近道であると言えます。


医療事務の資格は学歴や年齢など受験要件全く無し

医療事務の資格を取得する場合にも、年齢や性別、学歴などは一切関係ないので、誰でも受験することができます。

医療事務の資格は一つでなくたくさんの種類がありますので、自分が医科・歯科・薬局のいずれに就職を考えているかなどの条件によって取得する資格を選ぶ必要があります。

医療事務の仕事内容で他の事務とは違うものに診療報酬明細書(レセプト)の作成業務がありますが、最近ではたいていパソコンのソフトを使ってレセプト作成から送信まで行っています。
医療機関によって診療報酬明細書の作成に使用するソフトはまちまちですので、パソコンの操作に慣れておく必要はあるでしょう。
あとは実際に業務を行いながら個々のソフトの使い方を覚えていくことになります。


【必見!】医療事務の資格取得をお考えの子育て中の方!

出産・育児後の社会復帰におすすめの医療事務の仕事

医療事務の資格取得は通信講座でも勉強できます。
通信教育講座なら育児や家事の合間に資格取得の勉強ができるので生活スタイルを保ったままチャレンジできますね!

当サイトおすすめの医療事務の通信講座を取り扱っているのは、
1.ユーキャン、2.がくぶん、3.ヒューマンアカデミーの3社です。

いずれの講座も医療事務の資格取得分野において定評があります。 どれを選んでも良いでしょう。

講座を選ぶときは、はじめから1社に絞ってしまうのではなく、必ず複数の講座を比較して選ぶようにしましょう。
資料請求は無料でできます。
これら3社は資料請求後に勧誘などのTELもないので安心して資料を取り寄せてくださいね。

フィード