医療事務に求められる能力

医療事務に求められる能力は単に医療事務に対しての知識だけでなく多岐にわたります。

まず、多くの人と接する仕事ですので、コミュニケーション能力が高いことが大切です。

医療事務病院や診療所・クリニック、薬局には基本的に病気の人・具合が悪い人が来院されます。
医療事務は患者さんがやってきて最初に出会う人で、帰るときにも最後に見送る人でもありますから、患者さんが笑顔になって帰宅できるような心配りが求められます。

医療事務員は単にカルテの処理など事務的な仕事をすることだけでなく、常に病院全体に目配り・気配りを行い、困っている人や具合の悪そうな人に対して声をかけ、対応するといった働きのできる能力が必要です。


また、常に見られているという意識を忘れずにテキパキと仕事をこなすことも必要です。

次に大切なスキルは、丁寧な仕事のできる能力です。

医療事務の人が扱うカルテや処方箋は、間違えると命に関わることもあります。
間違いがないように確実に仕事をすることも求められるのです。

さらに、カルテや診療報酬明細書は個人情報のかたまりですので、守秘義務をきちんと守って業務を行うことが求められます。

また、診療報酬の点数表は2年に1回改正されます。
そのときには変更点について理解する必要があるので、医療事務として働きだした後でも常に勉強を続けていく姿勢が求められます。

診療報酬明細書は間違えると医療機関の経営に関わるお金が絡んでくるので、間違いがないかどうか調べ、見つけだす能力も求められます。


最後にこれからの医療事務の仕事に必要な能力として、パソコンを使いこなすことができる能力も必要です。

医療事務の仕事である診療報酬明細書(レセプト)は今ではパソコンのソフトを使って作成し、国保連に送信することが普通です。
たとえ医療事務の資格を持っていなかったとしてもパソコンを使えるということは重要です。

もちろんパソコンを使って請求業務を行うとは言っても、診療報酬の基本的な仕組みが分かっていないと話になりませんので、必要な知識・技能が身に付いていることが大前提です。


【必見!】医療事務の資格取得をお考えの子育て中の方!

出産・育児後の社会復帰におすすめの医療事務の仕事

医療事務の資格取得は通信講座でも勉強できます。
通信教育講座なら育児や家事の合間に資格取得の勉強ができるので生活スタイルを保ったままチャレンジできますね!

当サイトおすすめの医療事務の通信講座を取り扱っているのは、
1.ユーキャン、2.がくぶん、3.ヒューマンアカデミーの3社です。

いずれの講座も医療事務の資格取得分野において定評があります。 どれを選んでも良いでしょう。

講座を選ぶときは、はじめから1社に絞ってしまうのではなく、必ず複数の講座を比較して選ぶようにしましょう。
資料請求は無料でできます。
これら3社は資料請求後に勧誘などのTELもないので安心して資料を取り寄せてくださいね。

フィード