医療事務の仕事の将来性

国民医療費は、毎年増加の一途をたどっています。
厚生労働省の資料(厚生労働省・医療関連サービス振興会資料)によりますと現在作成されているレセプト(診療報酬明細書)は、なんとその数毎月1億件もあり、さらに増加の一途をたどっているということです。
それに伴って、レセプトを作成する医療事務スタッフもこれからますます求められていきます。

医療事務の将来性医療事務のお仕事将来性の面で一般的な事務とは比べものにならないくらいバツグンの安定性があるといえます。

さらに現在は医療業界でもアウトソースがすすんでいます。
病院が企業に医療事務のお仕事を委託する割合は民間病院ではここ10年で2倍の急伸を見せています。
こうした病院からのお仕事委託は今後ますます増えると予想されます。

このように医療事務の仕事は外部委託率の伸びとも平行して今後ますます需要が高まるといえるでしょう。



【必見!】医療事務の資格取得をお考えの子育て中の方!

出産・育児後の社会復帰におすすめの医療事務の仕事

医療事務の資格取得は通信講座でも勉強できます。
通信教育講座なら育児や家事の合間に資格取得の勉強ができるので生活スタイルを保ったままチャレンジできますね!

当サイトおすすめの医療事務の通信講座を取り扱っているのは、
1.ユーキャン、2.がくぶん、3.ヒューマンアカデミーの3社です。

いずれの講座も医療事務の資格取得分野において定評があります。 どれを選んでも良いでしょう。

講座を選ぶときは、はじめから1社に絞ってしまうのではなく、必ず複数の講座を比較して選ぶようにしましょう。
資料請求は無料でできます。
これら3社は資料請求後に勧誘などのTELもないので安心して資料を取り寄せてくださいね。

フィード