結婚後にも全国で活かせる医療事務の資格

医療事務のメリット資格を取得しておくと日本全国どこでも通用するということです。 

医療事務の仕事は勤務地が病院・医療機関ですから、都会だけでなく田舎や僻地でも日本全国各地に必ず働き先があり、「近くで仕事が見つけやすい」という点で他の職種に比べると大きなメリットがあります。
医療事務また結婚している女性の場合には旦那さんの転勤など、万一引越しをせざるを得ない場合でも、他の職種に比べて容易に勤務地を探すことが出来る点もありがたいです。

就職の範囲も病院・診療所のみならず、調剤薬局や歯科医院、看護ステーション、健康増進センター、訪問看護ステーション、企業内診療所、ホテル内診療所など幅広い需要があります。

また、ライフスタイルに合わせてさまざまな雇用形態が選べるということもメリットであると言えます。
子どもが小さいうちは幼稚園や学校に行っている間だけパートで働くということも可能です。
派遣の仕事の中には月初めの診療報酬明細書(レセプト)作成のみという仕事もあります。
さらに、診療報酬明細書(レセプト)作成は在宅でも請け負うことができる場合があります。


また、診療報酬明細書(レセプト)の作成業務を行うので、診療費の算定の仕組みについても詳しくなり、自分自身が病院にかかるときでも、どのような診療内容に対してどのくらいの金額がかかっているとわかり、無駄な出費をせずにすむようになります。

さらに、医療費が高額になった場合、地方自治体の助成制度で高額医療費補助制度があるのですが、医療事務をしているとそのような助成制度についても知ることができるので、自分自身の場合でも役立ちます。
また医療機関で働くので、医療についての知識が自然と身に付き、自分や家族の健康管理にも役立つなど医療事務の資格を持っていると生活のさまざまな局面でたいへん有利に役立つということがわかりますよね^^


【必見!】医療事務の資格取得をお考えの子育て中の方!

出産・育児後の社会復帰におすすめの医療事務の仕事

医療事務の資格取得は通信講座でも勉強できます。
通信教育講座なら育児や家事の合間に資格取得の勉強ができるので生活スタイルを保ったままチャレンジできますね!

当サイトおすすめの医療事務の通信講座を取り扱っているのは、
1.ユーキャン、2.がくぶん、3.ヒューマンアカデミーの3社です。

いずれの講座も医療事務の資格取得分野において定評があります。 どれを選んでも良いでしょう。

講座を選ぶときは、はじめから1社に絞ってしまうのではなく、必ず複数の講座を比較して選ぶようにしましょう。
資料請求は無料でできます。
これら3社は資料請求後に勧誘などのTELもないので安心して資料を取り寄せてくださいね。

フィード