医療事務に向いている人とは?

医療事務にどんな人が向いているかというと、医療機関ですから、患者さんに接する場においては、明るく健康的な人が似合います。
実際に医療の現場では、受付などを担当する医療事務スタッフは、接客業ともいえるためしっかり意識を持って働いています。

医療事務医療事務の仕事は接客業ともいえるため人を相手の業務ですから、いつも相手の気持ちになって考えて仕事ができなくてはなりません。
このことはどんな職場でもいえることでしょうが、特に診療所などの面接では、キャリア以上に人柄を観察されます。

このことをふまえた上で、さらにどんな人が医療事務に向いているかというと...ズバリ
人に喜んでもらえるとうれしい!と思える人。

医療機関で働くということは、心身のどこかに不安を持っていてそのことを相談に来ている人を相手に働くということです。
ですから、日常の常識からはもう少し掘り下げて、相手の気持ちを考えてあげることが必要となります。

自分が病気や怪我で弱っているときは、誰でも、ほんのささいな優しさや逆に冷たさにも意外と敏感になるものですよね。
病院規模が小さくなればなるほど、スタッフの感じの良さ(言葉使いや笑顔)が重要視されます。

今は、医師が患者に対してえらそうにふんぞり返っていてやっていける時代ではありません。納得いくまで病院を選ぶ患者さんが増えてきています。
(それが、医師への信頼感であったり、スタッフの応対の良し悪しであったり、混雑具合であったり・・・と理由はさまざまですが)

医師もスタッフも、病院はサービス業であるという気持ちで、丁寧に接することを心がけなくてはなりません。
人と接する仕事ですので、相手に心地良い時間を過ごしてもらえるよう気を配ることができる人が何よりも求められています。

どんなときも、患者さんからの「ありがとう」の言葉が聞けることが一番励みになるお仕事です!


【必見!】医療事務の資格取得をお考えの子育て中の方!

出産・育児後の社会復帰におすすめの医療事務の仕事

医療事務の資格取得は通信講座でも勉強できます。
通信教育講座なら育児や家事の合間に資格取得の勉強ができるので生活スタイルを保ったままチャレンジできますね!

当サイトおすすめの医療事務の通信講座を取り扱っているのは、
1.ユーキャン、2.がくぶん、3.ヒューマンアカデミーの3社です。

いずれの講座も医療事務の資格取得分野において定評があります。 どれを選んでも良いでしょう。

講座を選ぶときは、はじめから1社に絞ってしまうのではなく、必ず複数の講座を比較して選ぶようにしましょう。
資料請求は無料でできます。
これら3社は資料請求後に勧誘などのTELもないので安心して資料を取り寄せてくださいね。

フィード